初診の方へ
お問い合わせ
地図・アクセス

 
HOME
キャンペーン
診療案内
料金表
クリニック紹介
医師の紹介
メディア掲載情報

ダブロとサーマクールの違い口コミ - ほうれい線・フェイスリフトに効果あり

舌下療法SUBLINGUAL IMMUNOTHERAPY

トップページ»  舌下療法

舌下療法とは

 舌下療法とはスギ花粉症の治療法のひとつで、花粉症の根治、症状軽快治療が望める治療です。都内に住んでいる方の3割以上がスギ花粉症といわれる時代です。スギ花粉症に効く究極の治療法はまだないのが現状です。舌下療法は舌下に希釈したスギ花粉溶液を徐々に濃度を濃くしながら滴下することにより、スギ花粉に対し免疫をつけていく治療になります。
 2014年10月より保険適応となりました。当院ではこの舌下療法が保険で受けられます。この舌下療法は講習を受けた専門医しか処方できないことになっております。当院ではこの治療を保険で安心して受けられます。
 
 
これにより今まで6~7万円の治療費がかかっていたのが、わずか月1000~2000円程度の治療費で受けられるようになりました。

 舌下療法は1990年代から欧米では行われ、WHO(世界保健機関)によって有効性が認められております。
国内においては2009年に発表された第Ⅱ相試験の結果では約70%の有効性が確認されました。

 

花粉症の重症度チェック

種類 程度
++++ +++ ++ + -
くしゃみ発作
(1日の平均発作回数)
21回以上 20~11回 10~6回 5~1回 +未満
鼻    汁
(1日の平均こう鼻回数)
21回以上 20~11回 10~6回 5~1回 +未満
鼻    閉 1日中完全につまっている 鼻閉が非常に強く、口呼吸が1日のうち、かなりの時間あり 鼻閉が強く、口呼吸が1日のうち、ときどきあり 口呼吸はまったくないが鼻閉あり +未満
日常生活の支障度* 全くできない 手につかないほど苦しい (+++)と(+)の中間 あまり差し支えない +未満
*日常生活の支障度:仕事・勉学・家事・睡眠・外出などへの支障

花粉症の重症度が+++以上の方は、舌下療法による減感作療法をお勧めいたします。
~舌下療法のメリット~
・通院回数が少なくて済む
・重篤なアナフィラキシーなどの副作用が少ない
・注射の痛み、腫れがない


治療を始めるにあたって以下の点はご了承ください。
・スギ花粉に対するアレルギー以外に効果がない
・アトピー性皮膚炎や気管支喘息には効果がない
・現時点では保険適応外
・通常、週一回の治療を1ヶ月程度行い、その後も月1回、計2~3年間の通院が必要
・全ての対象者が根治できるとは限らない


なお、以下の患者様については治療が受けられません。

・ 12歳未満のお子様

・ シダトレンでショックを起こしたことのある患者様

・ 重症の気管支ぜんそくの患者様

・ 悪性腫瘍または免疫系に影響を及ぼす全身性疾患の患者様

・ スギ花粉症ではない患者様

 

PAGETOP
症例写真FOR MENドクターズコスメメディアの方へQ&A院長ブログ
イボブログ
問い合わせ
 
クレジットカードMOBILE SITE