初診の方へ
お問い合わせ
地図・アクセス

 
HOME
診療案内
料金表
クリニック紹介
医師の紹介
キャンペーン

ダブロとサーマクールの違い口コミ - ほうれい線・フェイスリフトに効果あり

花粉症治療

トップページ»  花粉症注射・点滴

花粉症撃退注射・点滴

花粉症

つらい花粉症の症状を注射で解決!

花粉症のシーズン到来!東京の花粉は去年の4倍以上飛散するようです。

そんなつらい花粉症に当院お勧めの花粉症対策の注射療法をご紹介致します。

 

花粉症注射とは

つらい花粉症の目のかゆみ・鼻水・くしゃみ・・・といった症状を改善する成分を含んだ注射・点滴となります。


 

“花粉症保険診療はこちら” “花粉症自費診療はこちら”
PAGETOP
保険適用
名称
ヒスタグロビン注射+ノイロトロピン注射
効能
アレルギー性鼻炎、アレルギー性皮膚疾患(アトピー性皮膚炎、蕁麻疹、慢性湿疹)、皮膚疾患(湿疹、皮膚炎、蕁麻疹)に伴うそう痒
通院ペース
週1〜2回、5週間
※効果は一般に3ヶ月〜6ヶ月とされています。
※生理中の方は注射できません。
費用
1回 約1,170円 ※費用は処方されるお薬により多少異なります。
注意事項
(必ずお読みください。)
以下の方はなるべく注射しないことをお勧めします。
1.強い過敏症の方
2.副腎皮質ステロイド剤常用の方
3.IgA欠損症の方
4.肝障害の既往歴のある方
5.溶血性貧血・失血性貧血の方
6.免疫不全患者・免疫抑制状態の方

以下の方には注射できませんのでご了承ください。
1.本剤の成分に対しショックの既往歴のある方
2.激しいぜんそく発作時
3.月経直前及び月経期間中の方
4.妊娠中又は妊娠している可能性のある方
5.著しく衰弱している方


成分のヒスタグロビンは、ヒト血液由来成分である
1.副作用:ショック、蕁麻疹、発疹、喘息発作、一時的鼻症状増悪、掻痒、咳嗽、呼吸困難、くしゃみ発作、眠気、頭痛、しびれ感、眩暈、AST上昇(GOT上昇)、ALT上昇(GPT上昇)、注射部位反応(疼痛、硬結、発赤、腫脹、熱感等)。
2.人由来のものを原料または材料としており、感染症に対する安全対策が講じられてはいるものの、そのリスクを完全に排除することはできないこと。
3.当該特定生物由来製品の使用に際し、『使用の対象者の氏名・住所・製品名・ロット番号・使用した年月日など』を当院にて20年間記録し保存すること。
4.記録した使用の対象者の氏名、住所の記録については、保健衛生上の危害の発生または拡大を防止するための措置を講ずるために必要と認められる場合、当該特定生物由来製品の製造業者等に提供することがあること。
5.治療を受けられる方が未成年の場合、親権者の了解を得ている必要がある。

 

※当院ではヒスタグロピンとノイロトロピンを合わせて行うことを推奨しています。
 
 
自費治療(保険適用外)  
名称
花粉症注射(抗アレルギー薬+ステロイド注射)
効能
アレルギー性鼻炎、目のかゆみ
通院ペース
個人差有り。ワンシーズン 1〜3回。効果がなくなったら再注射。
費用
1回 4,000円(プラセンタ追加の場合+1,000円)
 
名称
花粉症点滴(抗アレルギー薬、ステロイド、ビタミン剤、解毒剤)
効能
アレルギー性鼻炎、目のかゆみ、蕁麻疹、アトピー性鼻炎
通院ペース
個人差有り。ワンシーズン 1〜3回。効果がなくなったら再点滴。
費用
1回 7,000円(プラセンタ追加の場合+1,000円)
※価格は税別表記です。
■効果
各種のアレルギー性疾患の症状の長期安定化、緩和及び軽快を目的とした治療です。
注射は1回で効く方もいれば、数回行う必要がある方もいらっしゃいます。

■施術の流れ
・施術の説明・カウンセリングを受けます。
・注射する部位を消毒し、注射を受けます。
・止血をしたら終了です。

【ダウンタイム】
なし

≪注意事項≫
・妊娠中の方、アレルギーをお持ちの方、感染症をお持ちの方はご利用いただけません。
・効果や痛みには個人差がございます。

症例写真FOR MENドクターズコスメメディアの方へQ&A院長ブログ
イボブログ
問い合わせ
 
クレジットカードMOBILE SITE